がん.ふぉーらむ
ホームはじめに経験者の声家族の声掲示板リンク

特集 「乳がん」


乳がんは増えています。
日本でも欧米同様乳がんが女性のがんの第1位になっています。
これは、近年食生活の欧米化により高脂肪・高タンパクの食事をとる機会が多くなり、そのため体格や体質も近似してきたこと、それに添う女性ホルモンの変化が主な原因のようです。
最近では高齢者や30歳代の方も増えてきています.今後の乳がんの増加傾向を考えると、ご自分はもとより小さなお子様から食生活にも気を配っていただきたいものです。
グラフ1
乳がんになりやすい人。
特に注意してほしい人は、母・姉妹に乳がんの人がいたり、片方の乳がんや乳腺の病気をした人といわれています。また乳がんは、女性ホルモンのバランスの乱れが大きな原因といわれています。したがって次のような人は、とくに注意する必要があります。
@ 未婚・晩婚・出産経験のない人。
A 授乳経験の少ない人。
B 乳腺疾患(良性)の既住歴のある人。
C 肥った人・動物性脂肪食の多い人。
D 乳がんの家族歴のある人。
E 初潮が早く、閉経の遅かった人。
若い人にも多い乳がん。
乳がんを年齢的に見ると、いちばん多いのは40代から50代ですが、これについで多いのは60代、30代です。30代になったら毎月一回の自己検診を心がけたいものです。
グラフ2
早く見つけるほど治り易い。
乳がんはからだの表面近くにできるがんなので、自分自身で早い時期に発見することのできる唯一のがんです。そのための最も重要な症状が”しこり”です。
乳がんは手遅れになると命にかかわる怖い病気ですが、早期に発見すればほとんど治ります。つまり、しこりが小さいうちに見つけることが肝要です。
手術の方法や部位・範囲は患者さんの状態によって変わりますが、最近の治療技術の進歩によって治る率は飛躍的に高まっており、早期の乳がんに対しては胸筋温存手術や乳房温存手術が可能になりました。
自己検診法と医師による定期検診で、早期発見をより確実なものにしましょう。
次ページ >>


Copyright (C) J-WICS 「がん.ふぉーらむ」2001-2002 All Rights Reserved.