ホーム>早期発見のために

早期発見のために


目覚しい医療の発展の中で急激に進歩したものが、「がん治療」です。
その「がん治療」で最も重要視され、訴求され続けているものが「早期発見」です。
ここでは、がんの早期発見に関する様々な情報や最先端の研究・技術をご紹介します。


最新の癌検査方法 PET検査 
「Positron Emission Tomography(陽電子放射断層撮影装置)」の略で(ペット)、核医学領域において生理的活性物質を標識して、その挙動を機能画像としてとらえる最先端の医療機器です。

各臓器ごとの検査ではなく1回の検査で全身の"がん"検査ができ早期に発見する事が可能です。
(条件が良ければ数ミリの病巣もみつけることもできます)また治療効果の判定などにも有効です。


マンモグラフィ乳房検査 
早期の乳がんも発見できる乳房専用のX線撮影のことです。
現在、乳房検査においてマンモグラフィは最も効果的な非侵襲的方法とされています。
乳房は柔らかい組織でできているため、専用のX線撮影装置を使用しX線撮影することにより乳房にできる病気をほとんど見つけることができ、しこりとして触れないごく早期の乳がんも発見できます。


フラットパネル撮影 
ディスプレイに撮影されたX線画像が表示され、リアルタイムに画像を確認することができます。
最近では撮影時間の短縮は勿論、被爆の低減、さらにあらゆる角度・方法による画像処理により、診断能力の更なる向上の実現が可能となりました。