卵巣ガンと闘う坊主ママ

ちゃこちゃん
CANCER KARTE〜たたかう坊主ママ〜
10/1 緊急入院

午後7時、坊主に離乳食をやっているうちに下腹部がチクチク痛んでくる。そのうち、痛みが強くなってきたけど我慢して添い寝で授乳。坊主も寝たころ、オットが帰ってきてくれて夕飯を作ってくれた。
せっかくなので食べようとすると、治まってきた痛みが復活。ものすごい痛みが襲ってきて、まるで太い槍を腰から下腹部に 貫通させられているよう。吐き気も襲ってきたのでもうだめと思って病院へ電話してもらい、救急車を待つ余裕などないのでそのまま大雨の中、来たばかりの新車で突っ走る。
過換気症候群も手伝ってかなりフラフラ。何度も気を失いそうになる。何とか診察してもらい、翌日すぐに手術と決まる。夜中も痛みで何度も何度も目が覚め、注射をしてもらう。こんな最中でも廊下で叫び泣く坊主のことが気になって仕方がない。もうろうとする意識の中で看護婦さんに母乳のみで育ててきたので飲まないかもしれないけどミルクを作ってあげてほしいととにかく頼む。

10/2 緊急手術

午後一番に手術。手術前の注射で寝てしまい、気がついたときには手術台の上、でもすぐ麻酔で気を失い、その次はすでに病室でいろいろチューブでつながれていた。目覚めたときにオットがいてくれなかったのがちょっと寂しかった。

10/3

ものすごく乳が張る。術後で動けないので搾乳してもらうけど、熱を持ってかなり痛い。でも、先生から授乳の許可が出た。よかった。昨日は、ミルクは受け付けず、泣きどおしだったらしい。かなり心配。
でも明日からは搾乳分を持って帰ってもらうことにした。

病巣はグレープフルーツくらいとかなり大きくなっていた。普通ならここまで大きいと動かないはずなのに半時計回りに二回転(720°)も茎捻転していた。二月に出産したときにチョコレート嚢種が疑われたので帝王切開になり、そのときに見てもらった異常はなかったはずなので、短期間でのかなりの成長。
だから詳しく病理検査をするということ。このときはガンかもと疑いつつも、そうでないだろうという思いのほうが強かった。

10/5

いろいろつながれていたのもはずされたので昨夜は快眠。五分粥のご飯じゃ足りない!(笑)
夕方、入院してすぐにやるはずのカウンセリングを受ける。病巣の写真があったので見せてもらう。
かなりグロい。すでにつぶれたあとの写真だったけど、中身の詰まっているときはどんなに大きかったことだろう。カルテにはっきりと「悪性の疑い」と書いてあった。ものすごく不安になる。病理の結果が気になって気になって眠れない。坊主とも離れて寂しいし、不安だし、涙が止まらない。早く帰りたい。
夜が怖い。寝よう寝ようとすればするほど目がさえる。暗い夜が終わって早く朝が来ればいいのに。

10/10

抜糸も終わり、体もかなり元通り。しかし、運動不足の毎日なので体操したり、1階まで降りてみたりと運動してみた。早くても帰れるのは週末らしい。あ〜早く帰りたい。

10/11

明日で術後10日。お隣も今日で退院だし、私も期待いっぱい。しかし、うまくことは運ばなかった。
夕方先生がきて、明日検査結果が出るからご主人にきてもらって…と。それって…と私の今までに不安は爆発寸前。なんとか気を落ち着かせようと本を読む。食事前に看護婦さんが様子を見に来てくれる。
そのときについに我慢の糸が切れて涙があふれ、大泣きしてしまう。なぐさめてもらえばもらうほど、全部うそに聞こえ、涙は止まらない。一人にしてもらっても後から後から不安が押し寄せ、涙があふれてくる。食事も取れない。いつもどおり坊主がきて元気をもらうが、やっぱりこわい。一人ではいられない。
脱走しようかと本気で考える。ないている私の顔を坊主が不思議そうに見つめる。でも、やっぱり一人になると不安。今夜は隣のベットにも誰もいないので本当に一人だ。さみしい。大丈夫、何ともなかったよといわれるかもしれないと自分を励ます。でも…とどうしても悪いほうへ悪いほうへと考えがめぐる。
こわい。こわい。一人でいたくない。本当に脱走しようかとまた考える。でもそんな勇気があれば怖くないはずだ。考えたって仕方がない。とにかく明日きちんと結果を聞くまで一人でがんばらなきゃ。

10/12 運命の日

一日中どきどきしっぱなしで、今にも心臓が口から飛び出してきそう。結果、予想通り悪性。
わかっていたはずなのに、覚悟していたはずだけどつらすぎる結果。精神的にぼろぼろなので、とりあえず外泊許可をもらい一時帰宅。なんで?どうして?私は死ぬの?そんなことばかりが頭を巡る。
がんばるしかないとわかっていても怖い、怖くて仕方がない。あとからあとから涙があふれてくる。
母が死んだときのことを思い出す。母も私と同じようにつらかったに違いない。誰か助けて、怖い。
怖いよぉ。

※私の母は乳ガンが2年後に再発し肺に転移、平成9年10月31日にこの世を去っています。

10/15 外泊終わり

週末の楽しいひと時も終わり、今日からまた病院へ逆戻り。これからのことを先生と話す。
明日は前からの予定通り、MR。それと採血するらしい。
26日が結婚記念日だからそれまでには帰りたいといったら17日から点滴を始めてくれるよう予定を組んでくれた。断乳もしなくてはならないので、一度につらいことになるかもしれない。それでも私は生きなくてはいけないのだ。まだ坊主は7ヶ月、せめて成人するまでは生きた成長を見守りたい。これから、つらく長い闘いになるだろうけど、いろいろと応援してくれる人もいるし、何より愛する家族のためにがんばらなきゃ。

10/16 MRI

予定通りMR検査。よくドラマで見る感じを想像していたけれど実際は違った。私は筒みたいなのにスーっと入ってそれで終わりみたいなのを想像していたのだ。CTはそんな感じらしいがMRは検査前に耳栓を渡される。これも1回バンって音がする程度だと思っていたら大間違い。まさに工事現場のど真ん中にいるようなガンガンブーブー、かなり長い間音がなっていた。もちろん動いちゃいけないのだ。さすがに頭が痛くなってきて、気分も悪くなり、もうダメだと思ったらちょうど終わりだった。

10/18 抗ガン剤投与

朝から入れ替わり立ち代り点滴が追加される。朝食後HCU(術後観察室らしい)に移り、TVでよく見る心電図モニターやら自動血圧測定器などに囲まれる。左手の点滴の針を刺していたが、血管が細いのか全開にしてもぜんぜん落ちないので予定は大幅に遅れる。仕方がないので右に差し換え、ついに抗がん剤の投与が始まる。脱毛を少しでも減らすため頭も冷やし、断乳準備で両脇にもアイスノン。あちこち冷やされて低体温に低血圧。すっかり冬眠状態である。(笑)結局予定より2時間遅れで消灯後に今日の分の点滴終了。まだ。腰がだるい程度で特に具合は悪くない。さて、明日から副作用はどのように現れてくるのでしょうか。

10/22

午前中に先生が「元気そうだから木曜あたりには退院していいよ。」って。きゃーうれし〜〜〜〜〜〜!!!
最初の予定では金曜日には絶対帰りたいって言っていたから予定よりも早い。うふふ。
なんて思っていたらしばらくして難しい顔をしてまた先生が戻ってきて今朝の採血の結果、白血球が下がっていたので数値を上げる注射をしてよければ退院できるとのこと。だめならのびるって・・・。
骨髄を刺激する皮下注射でそんなに痛くはないけれど、腰や背中がピリピリする感じがする。
骨髄、がんばってるんだぁなんて実感。がんばれ骨髄、予定通り帰るぞ!

10/24

明日の採血で白血球の値が3000を越えていれば退院、もし切っていたら外泊と言うことになりました。
扱いは明日退院の人だけどホントに退院できるのでしょうか。普通は最初は白血球あんまり下がらないんだって。術後すぐだったし、弱っていたのかしら?夕方来た坊主には、明日はママが迎えに行くからこなくていいよと言っておいた。骨髄さん、よろしく頼むよ。そうそう、笑うと抵抗力がアップするんだそうです。いっぱい笑わなきゃ。

10/25 めでたく退院

白血球は無事3000を越えていたのでめでたく退院となりました。ただ、やっぱりまだ低いとのこと。
とにかく風邪を引かないようにに注意されました。あとは無理しないで体力温存。子育ても手を抜いてと保育園まで勧められる。私が思っているよりかなりぐうたらしなくてはいけないらしい。とりあえずあと2回は確実なのでがんばらなきゃいかんですね。

11/21

昨日から入院して退屈しっぱなし。まだ何もしていないから普通の元気な人だからね。前回の入院で同室だった子宮ガンのHさんに会うが他にいろいろと余病が出て治療ができないでいるらしい。私には特に問題はないので今夜から点滴が始まる。何ともなかったはずなのに急に不安な気持ちになってくる。やっぱり怖いのかも。副作用がつらいのは3日くらいだろう。それでもその間は自分がガンだということを思い知らされる。今は坊主頭であることにもなれているので、それを見ても病気を思い知らされるということはなくなりつつある。でも副作用はつらい。つらいと気持ちも弱くなる。だからかな。今日は亡き母の誕生日だ。
生きていれば61歳になるはずだ。亡くなった人の年を数えるのはよくないというが、これを忘れないことは生前できなかった母への親孝行だと思っている。卵巣ガンは発見が遅れることが多く、進行した状態で他臓器への転移などから発見されることが多いという。私の腫瘍が早めに発見されたのは母が報せてくれたからだと思っている。まだこっちにきちゃいけないよという親心だと思う。今回来る前にお墓参りにいき、母にお礼とこれからのことをお願いしてきた。私も母なのだ。子を想う気持ちは変わらないであろうだからこそ、気持ちを強く持ってがんばらなくてはと思う。

11/22 抗ガン剤投与

昨夜、前回同室だったHさんと話をした。Hさんはワンクール終わった後の検査がよくなくて、薬が病巣でなく、いい細胞にばかり効いてしまい白血球はもちろん、赤血球、血小板、ヘモグロビン等が下がり他にも血栓ができたりで、その手術をしたりでかなり落ち込んでいた。血栓は場所が悪ければ命を落としかねなかったらしい。私よりも10歳以上も年上でお年頃のお子さんも二人いるお母さんだけど、いろいろ話をしてちょっと元気になってくれたみたい。私だってものすごく不安だった時期もあったし、精神的におかしくなりそうな時期もあったと思う。でも私の場合はまだ坊主がチビなことが強い原動力になってがんばれているのだと思う。人生にも目標って大切だわ。

11/26 白血球3100

夕方先生がきて白血球が3100になっているので今回は早めに注射をって言われる。3000をきっていないけど、前回も退院してからもまた下がっているので、悪くなってからよりはということで打つらしい。副作用も前回よりはちょっと楽だったという話をしたら、薬がよく効いているのでちょっとだけ量を調整して減らしたそうだ。普通は1回、2回とあまり来なくて3回目でどっと来るらしいのだが、私の場合は初めからよく効いているらしい。これはいいことだわ。うん。いつものとおり、3日続けて注射をし、翌日に採血してよければ退院できるぞ。

12/17 

ワンクールの最後の入院。自分では今回が最後と信じている。そうじゃないと辛い。そう信じてきたからこそ頑張れたのだから。今回も特に問題なし。先生の緊急手術で開始は遅れるも10時過ぎには点滴開始。
針を刺すのは失敗されたけど、毎度のことだし、たいした痛みでもないし特に気にしてません。血管が細いので、入れるのが難しいみたい。それよりももれないことを祈ります。こっちのほうがはるかに長引くし、強い痛みだから。前回治療ができなくなってしまったHさんは再度治療を試みるもアレルギーが出て断念。
今度は違う病院での治療をするかもしれないとのこと。年は離れているけれど戦友みたいな感じ。是非ともがんばって欲しい。元気になったら一緒にやることをたくさん約束しているのだから。私もがんばらなきゃ。

12/18 抗ガン剤投与

今回は点滴順調。チューブがいつもとは違うらしい。フィルタの部分が違うらしい。新しいんだって。
起きたら乾燥でかのどが痛い。すぐ昼食。焼きそばだったけど、こんなにまずくどうやったら作れるのか不思議な位まずかった。(笑)なんだか口の中が非常にまずい。何を口に入れてもその味は消えてしまい、なんともいえないまずさが残る。カルボプラチンの副作用らしい。点滴が終わったら治ってしまった。

12/22 白血球4100

やっと峠を越えた感じ。朝食の後こみ上げて吐きそうになったけど、何とか我慢。昨日から一切薬を止めている。痛み止めは効かないみたいだし、強い薬なんて飲まない方が胃にはいいに決まってる(と私は思っている)。だって、ボルタレンは飲む痛み止めでは一番強いのだ。一緒に飲んでいる胃薬は超弱いものだし、ただでさえ抗ガン剤なんかで身体はビックリしているのだ。少しでも休ませてあげよう。寝てばかりもよくないと思うのでベットを起こしたりして復活へ向けてスタートです。今朝の採血の結果、白血球の値はなんと4100!平常時で4000〜8000というからかなりすごいではないですか。これはマイタケ効果でしょうか?
なので今回は白血球を上げる注射もなし。心置きなく明日からの外泊を楽しめます。早く帰って美味しいものが食べたいよぉ。

12/23 楽しいクリスマス外泊

昨夜は遠足前の子供のように興奮して眠れず、朝は5時に目が覚めるというはしゃぎよう。(笑)
でも2度寝。7時半頃また起きてさっさと着替えて朝食。もう待ち切れないので、自ら電車に乗り最寄り駅まで帰る。すごくいい天気。とても乾燥していて、エアコンききまくりの暑い部屋でのどを痛めたけど、この青い空と自家製梅干し茶で復活。病院で安静にしているのも大事だけど、堅いベットにまずい食事を我慢しているより、少々無理したって家に帰ってくる方が絶対治りも早いと思う。外泊中、浮かれずぎないようにして、25日に戻ってそのまま無事退院しなくては!