がん.ふぉーらむ
ホームはじめに経験者の声家族の声掲示板リンク

はじめに


皆様こんにちは、ようこそ[がん.ふぉーらむ]へ。
私達[がん.ふぉーらむ]では、日頃皆様が思う、”がん”について多くの疑問や様々な情報に対し、少しでも多くの仲間から意見や情報を交換し合える場をご用意いたしました。

大きな壁に一人で立ち向かうのはとても勇気が必要です。
しかし、多くの仲間や同志と情報を提供し合い、分かち合うことで少しでも勇気の足しになれば、それは明日を生きる為の強力な武器となります。

[がん.ふぉーらむ] は大きな壁に立ち向かう同志が力を合わせ作り上げる、参加型コミュニティースペースです。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

”がん”を理解する
"がん"とは何なのか?
がんとは、体の中のどれか1個の細胞の中で、8万個の遺伝子のどれかが狂ったために起きてきます。大きながんでも、元々は、1個の正常な細胞から発病するのです。
がんと遺伝子(DNA)の関係
人間のDNA(遺伝子)は、環境に存在するさまざまな因子の攻撃にさらされており、傷害を受けていると考えられます。例えば、食品・大気・水の中の変異原物質や発がん物質、電離放射線・感染などによる炎症の産物、さらに正常の細胞の代謝活動そのものによっても遺伝子にストレスを与える状況がうみだされます。そのため、二重三重の修復システムをもっているのですが、この修復システムが破綻をきたすと、遺伝子が異常なままで細胞が増えてしまう場合があり、それが発がんに至る経路のひとつであると考えられています。
ただし、遺伝子異常があっても、ほとんどのがんは遺伝しません。
新生物の(腫瘍)の種類
主な特徴
1.悪性新生物 栄養がある限り、無制限に増殖し、浸潤・転移をおこす。
2.上皮内新生物 上皮内にとどまり、基底膜を超える浸潤を認めない。
3.良性新生物 浸潤や転移をせず、膨張性に発育し、発育速度も穏やかである。
浸潤 転移 再発
1.悪性新生物 ある ありうる ありうる
2.上皮内新生物 ない ない ない *
3.良性新生物 ない ない ない *
* 適切な治療が行われている場合

折れない心・闘う勇気
「がんさん、ありがとう」
名古屋市 伊藤 勇さん
伊藤勇さんの「がんさん、ありがとう」です。

私自身、お電話で直接お話しをさせて頂き、伊藤さんの誠実で優しい人柄にとても暖かいものを感じました。

「がんさん、ありがとう」では、伊藤さんの前向きな生き方が表現され、私自身も多くの勇気をいただきました。
5年前にがんを告知され、それまでの社会的な生き方から、人間らしく・自分らしく「明るく生きる」と言う方向に生き方を変え、様々な場に参加し多くの人達との交流の中で「がんになったから、得たもの」の大切さを「がんさん、ありがとう」と言うタイトルに乗せて語っています。

このコラムを読んで、伊藤さんの様に明朗で活発的な生き方を実践すれば、どのような病にも打ち勝てるのではないでしょうか。
[がん.ふぉーらむ] は"がん"に関わる皆様に対しニュートラルな立場で情報交換の広場を提供しています。

[がん.ふぉーらむ]に関してのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

Copyright (C) J-WICS 「がん.ふぉーらむ」2001-2002 All Rights Reserved.